皆さんはお墓参りには、よく行きますか。家からお墓が近い場合ですと頻繁にお墓参りをしている方もいるかもしれません。家から遠ければ、なかなか行く機会はないのではないでしょうか。そんな方にとっても、お盆やお彼岸などは特別なものですよね。この機会に親戚一同が集まる家もあるでしょうし、家族そろってお墓参りをされる方も多いでしょう。そんな時こそ、お墓の掃除をする良い機会となります。普段は忙しくてできないお墓の掃除も、この時こそ取り掛かる良いきっかけになります。でも、お墓をきれいに掃除するにはどうすればいいか、実はよくわかっていない方もいらっしゃいます。お墓の掃除ならではの、何か特別な方法があるのでしょうか。あれば是非、知っておきたいものですよね。

掃除に使う道具はどんなものが良いか

墓地に行くと備え付けのタワシが置いてある場合が多いですよね。だからといって、これでゴシゴシこすればいいという訳ではありません。墓石は石でできていますので、あまりタワシで強くこすると傷がついてしまうこともあります。また、墓石によっては表面をきれいに保つ為に、コーティングが施されている場合もありますので、力を入れてこすることは厳禁です。細かい部分の汚れを、タワシで奥の方まで落とすことは難しいです。墓石をきれいにするには、タオルや雑巾などの柔らかい布を使った方が良いです。またはスポンジの様に優しく洗えるものを揃えましょう。歯ブラシも、細かい個所の汚れを落とすのにとても役に立ちます。墓石を洗う洗剤も、家庭用洗剤をそのまま使用すると墓石が変色してしまうこともあるので注意が必要です。墓石の素材に合わせて墓石用の洗剤を選びましょう。

具体的な掃除のやり方はどうすればいいのか

お墓の掃除には、正しい手順があります。まずはお墓の周辺の掃除を行い、次に墓石についたゴミや汚れを落とします。それから墓石そのものをきれいに洗い、最後に拭いて終了となります。墓石はそのままでは劣化してしまいますが、きれいに汚れを洗い落とすことで良い状態を保ち、劣化を遅らせることができるのです。墓石を劣化させる原因は、ホコリやカビ、サビなど様々です。また、故人が好んでいたからといってお酒を墓石にかけることも墓石の劣化につながってしまいます。お酒をかけてあげるのは良いですが、その後で墓石を洗うことを忘れずに行ってください。基本的には、墓石を洗う場合には水を使うのが安心です。墓石用洗剤であっても、使う前に本当に墓石に傷をつけたりしないか、少しずつ確かめながら使用しましょう。文字の入っている部分には、歯ブラシを使って優しくカビや苔、水垢を取りましょう。この様に細かいところも気配りすることで、墓石も長くきれいな状態を保てるのです。ご先祖様の供養のためにも、お墓の掃除はなるべくまめに行って、きれいにしておきたいですね。

お墓の掃除で、プロの手による墓石のクリーニングおよびメンテナンスサービスをお届けしています。 当社はお墓の掃除、クリーニング、メンテナンス等を墓石のプロが行い致します。 ご先祖様が静かで安らかに眠るお墓、墓石の汚れを駆除し綺麗に磨き上げるプロとしての技です。 当社は墓石専用に開発されたツールを駆使し、墓石を炒めること無く綺麗に致します。 お墓のお掃除ならお任せください!