上手にビジネスローンを活用するコツを紹介

事業を経営する人にとってその資金繰りに頭を抱えることが多いでしょう。最近ではビジネスローンを活用する人も増えています。基本的に一般的なカードローンなどの金融商品は事業目的での使用が禁止されています。そのため事業用でお金を借りたい場合に事業者のみが借りることができるビジネスローンが注目を集めているのです。ビジネスローンを上手に活用する方法はまず、銀行の融資が受けられない場合に活用するとよいです。基本的には銀行で融資が受けられることが一番よいですが、銀行の審査は非常に厳しく通らない場合でもあります。こうした場合でも資金がどうしても必要であることにはかわりありません。ビジネスローンは銀行と比較すると審査が比較的ゆるいためすぎに資金が必要な場合に活用することができます。

ビジネスローンを利用するメリットとは

ビジネスローンを活用するうえでのメリットは、まず審査のスピードが早いという点です。銀行で融資を植えたい場合、審査には時間がかかってしまい、すぐに資金が必要な場合なかなか審査が通らずに困ることも多いですが、ビジネスローンであれば審査から実際に借りるまで短期間で済ますことができます。またビジネスローンでは担保がいらないという場合もあります。近年ではインターネットを利用して展開している事業も多く、不動産で担保となる物件を保有していない場合も多いです。こうした場合銀行での融資が受けられないことが多いですが、ビジネスローンであれば借りることができるためメリットといえます。他にも保証人が必要ないこともメリットとしてあげられます。これは連帯保証人を頼む必要もなく、さらに保証会社を通さずに済むため、費用を抑えることも可能です。

ビジネスローンを利用するうえで知っておきたいデメリット

ビジネスローンを利用するにあたって当然デメリットもあります。まずビジネスローンは銀行のローンと比較して金利が高いです。通常銀行の融資は金利相場が2%から5%であることに対して、ビジネスローンの金利相場は10%から15%となり、金利が高く設定されています。そのため返すまでの期間が長くなればなるほど返済の金額が非常に高くなってしまう恐れがあります。また審査が比較的ゆるいとは言え、確定申告書や事業計画書等の書類を提出しなければなりません。そのため手続きが面倒だと感じる場合もあります。また借りたお金は事業用であるため、使い方が限られてしまうというデメリットもあります。ビジネスローンは短期間で借り入れを行う場合は便利であるといえますが、一歩活用方法を間違えてしまうと、さらに資金繰りすることができず事業を悪化させてしまうおそれもあるため注意が必要です。