自分に合ったビジネスローンの探し方

銀行で融資を受けたくても審査が厳しくて通らないといった場合に、ビジネスローンを利用する方が多いです。中小企業や個人事業主にとって利用しやすい無担保ローンで、第三者の保証人も不要、申し込んだらすぐに融資が受けられ、銀行融資のように使用使途を問われることなく自由に事業に充てられるので便利です。ビジネスローンには銀行系とノンバンク系があり、金利が低め、返済期間が長めである一方、審査に時間がかかるため計画的な資金繰りが大切です。ノンバンク系は提出書類も少なめ、手続きが簡単なスピード審査である一方、金利は高め、借りられる額も少なめとなっています。どういった使い方をしたいか、緊急性はあるかといった点で、ビジネスローンの選択が変わります。どちらもうまく使い分けるといった方法もあります。

ビジネスローン利用する際に注意したいこと

ビジネスローンを利用するなら注意したい点がいくつかあります。まず金利が高いという点です。ピンチのときにビジネスローンを利用することで事業に活かせたとしても、返済が後回しになってしまうと一気に利息が膨らんでしまいます。ビジネスローンは長期的な借り入れには向かないため、早めの返済を心がけましょう。また、いつでも借りられる手軽さからつい借り入れが癖になってしまい、融資額が増えてしまうこともよくあります。コンビニや銀行のATMなどでも簡単に借り入れできるため、必要な時以外はローンカードを持ち歩かないようにするなど、対策しましょう。ビジネスローンを利用する場合は、事業が好調になってきたらまず返済することを優先するのが大切です。また融資を受ける前にしっかりと返済計画を立てることをおすすめします。

ビジネスローンを利用する際に必要となる書類について

ビジネスローンを申し込む場合には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類のほか、事業計画書や資金計画書などの事業関連書類が必要です。事業関連書類のうちたいていの場合で必要なのは決算書です。決算書は貸借対照表や損益計算書など会社の経営状況を判断する重要な書類であり、2年分が必要になることもあります。審査前には必要になるので用意しておきましょう。また、登記証明書も必要な場合もあり、事前に法務局やオンラインで用意しおかなければなりません。必要となる書類は利用するビジネスローンによっても異なり、急ぎの場合には煩わしいと感じるかもしれません。そのような場合、面倒な書類審査がいらないビジネスローンもあるのでチェックしてみましょう。